2024年01月17日

放送大学の若者コミュニティに年齢制限を設けることについて

放送大学は公認サークルみたいのがあるようですが、それとは全く別の任意のサークルがたくさんある。
facebookとか、アマチュア無線とか、読書、資格、学位等々、何かを研究する、気の合った者の集まり。

放送大学で20代の人で集まりたいことについて意見がいろいろ出ていた。放送大学はどうしても中高年層の割合が高いことから、10代〜20代くらいまでの人たちだけで集まるのが難しいので、「20代限定」ってくくりを作りたくなる気持ちはよくわかる。
これは、年上の人たちにマウント取られたり、親子ほどの歳の差を感じると、自由な活動を制限されてしまうからだと思う。
だから同世代でコミュニティを作るのは全然悪くないと思います。

1980年代、私が高校生の時に原子力発電の問題を検討する高校生の会を作ったことがあるのですが、ここに高校教師や活動家みたいな人が入り込んでしまい、拙い知識しかない高校生の私たちはマウントをとられまくるので、いったん解散して「高校生限定」という制限をつけた。正しいかどうかは別にして、同じ世代で話し合う経験も必要。

以前、放送大学の関係者で集まった時、聞かれてもいないのに自分の研究や論文、教授との人間関係を誇示する人もいた。
大学院を出たことや一流の職に就いたことを自慢するには、成長過程の人(特に入学したて)を相手にするのが簡単。
金持ちが貧乏人をおちょくるように、マウントが取れます。
でも、そんなコミュニティ、若者が楽しいはずがない。

例えば高齢者のコミュニティに若者が入るためには、媚びへつらう覚悟が無ければダメなのように、若者のコミュニティに中高年が入っていくためには、飲み会の費用を負担してやるとか、会合はオブザーバーとして参加して意見は最小限にするとか、若者の意見とか主体性を否定しちゃダメだよね。

「放送大学は素晴らしい大学だ」と母校を自画自賛する人がいれば、「入試は無いからバカでも入れるよね」と批判する人もいる。どっちも正解だけど、どう捉えるかは本人次第。「バカでも入れる大学で楽して大卒取って何が悪い」という人がいたっていい。合理的に考えられるのも若者の特権。

私が放送大学に入学したのは27歳。当時から同大学にはサークルや研究会の類があったけど、特に入った経験は無い。
なぜなら、年上の小うるさいおじさんたちと付き合いたくないから。当時の私も同じ考えだったようだ。
私にとっての放送大学入学は、学生の立場を得ることと、奨学金の返済を猶予させるというしょうもない動機だった。
少し年上の人に、「まっとうにやれよ」と説教を受けたけど、私のやってることはまっとうじゃないってこと?

私の入学動機は学割目当て、奨学金対策だったのだけれど、放送大学の多くの科目は「中学生くらいの知識でも興味を持てて、本人のやる気次第で大学・大学院レベルの研究まで進める」という魅力がある。私はまさにそれにハマってしまい、「自然の理解専攻」を卒業した。今は「自然と環境コース」となったみたいだよね。

そもそも大学へ行く人たちって、本当にまっとうな考えで行ってる人っているんか?
「まっとう」の定義にもよるけど、結局、他人にマウント取るとめに、わざわざ「旧帝大」とか「MARCH」とか予備校が作り出したかつての「士農工商」みたいなシステムを作ろうとしてないかい?

ただ、そんなくだらないマウント合戦やしょうもない議論に無駄な時間を使えるのは若者の特権だと思うんだよね。
ラベル:放送大学
posted by まつもとはじめ at 23:36| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 通信制大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする