2016年03月03日

ウィッツ青山学園高校の不正問題について

昨年12月10日に就学支援金の不正受給についての問題。
そして本日3月3日はスクーリングのあきれた実態について、テレビ朝日のワイドスクランブルに呼ばれてコメントしてきました。
widescramble20160303.jpg
リポーターの東富貴さんと私

■ウィッツ青山学園高校のスクーリングの実態

通信制高校は、通学課程の高校へ行けなかった人たちが、どうにかして学び、卒業の認定を受けるために利用できる教育施設です。通信制高校といえど、「高等学校」とか、「教育施設」というからには、言うまでもなく、高校レベルの教育を行う施設でなければいけません。
だから、高等学校である以上、開設される授業は文科省の学習指導要領にしたがって行わなければなりません。通信制高校とはいえ、通信(レポート課題の添削)による学習だけではなく、スクーリング(面接授業)と呼ばれる、生の授業も一定の割合で受けなければなりません。
通信制高校のスクーリングは、高校の教員免許を有する専門の教諭がいて、検定済の教科書を使って授業が行われます。授業は学校の施設で行います。
もちろん、学校内・教室内での座学よりも、例えば映画を見るとか、博物館を見学することで理解が深まることもあります。だから、学校という施設を出て、学校外の施設を訪れるとか、副教材として様々なものを利用するのもアリだと思います。
しかし、報道によれば、ウィッツ青山学園高校では、スクーリングと称するバスツアーが企画され、以下のように単位を認定する、怪しいカリキュラムとなっていたようです。

●テーマパークに遊びに行き、お土産を購入し、釣り銭を計算する⇒数学の単位
●バスの中で邦画を鑑賞⇒国語の単位
●バスの中で洋画を鑑賞⇒英語の単位
●忍者博物館の見学⇒歴史の単位
●忍者博物館でなぜかスポーツ選手が2時間講演⇒体育の単位
●神戸の夜景を鑑賞⇒芸術の単位
●サービスエリアで食事⇒家庭科

この話を聞いて、私はお笑い芸人のネタかと思うほど呆れました。これなら、スマホをいじっているだけで、「情報処理の単位」とかグーグルマップを駆使して遊びに行けば「地理」とか、もう何でもアリという状況になります。
ワイドスクランブルが取材した40代男性によれば、このバスツアーは年に2回ほど実施されています。
1回は日帰り弾丸ツアー。もう1回は宿泊を伴うものだそうです。
報道された日帰り弾丸ツアーの日程表をみると、東京に集合し、三重県の本校へ向かい、再び東京に戻る
というスケジュールです。拘束時間はおよそ12時間程度ですが、三重県の本校の滞在時間は日程表では2時間ですが、実態はわずか30分。勉強らしい勉強はしていません。


■スクーリングは3年で74時間

高校通学歴の無い人が、通信制高校を最低限の努力で卒業したいと思った場合、卒業要件は以下の通りになります。

●修業年数3年間(3年以上在籍せよ)
●修得科目74単位
 ・レポートの作成・提出・試験
 ・スクーリングの出席
●特別活動30単位時間

そして、この74単位を取るためには、少なくとも3年間で74時間のスクーリングが必要となりますから、1年あたりにすると約25時間です。ウィッツ青山学園のような広域通信制高校の場合、三重県伊賀市の本校で、このスクーリングを受けなければならないので、例えば1日5時間のスクーリングを行おうとすれば、月曜から金曜まで、しっかり5日間を要します。移動時間を考えれば、日曜日に学校に着いて、翌月曜日から授業を行い、金曜日に修了し、土曜日に解散ということになりますから、1週間をまるまる。使わなければなりません。

しかし、ウィッツ青山学園は、日帰り弾丸ツアー1回、1泊ツアー1回で済まします。移動時間も映画を見る、サービスエリアの食事は家庭科とするなど、こじつけのアリバイ授業を行って、極めて合理的に、都合よく解釈した「カリキュラム」を策定していたということになります。


■通信授業はアルバイトの人が代わりにやっていた?

ワイドスクランブルが取材した卒業生によれば、本来、教科書を見ながら自ら作成しなければならないレポート課題は、自分以外の誰かが代わりにやっていたと証言しています。少なくとも、この卒業生は、一度もレポート課題をやらず、上記のスクーリングだけで卒業証書を受け取ることができたといいます。
実はこの辺りのからくりは、もっともっとえげつない、巧妙な仕掛けがまだ別にあるため、番組では追跡取材するそうです。


■コンプレックスビジネス

この言葉は私が考えて、ワイドスクランブルのディレクターに話したところ、面白い新語として使われました。…が、よくよくネットで検索してみると、既に「コンプレックス産業」という言葉がウィキペディアに載っているので、私のオリジナルではないことに、今気づきました。すみません。

私が定義するコンプレックスビジネスとは、「人が恥と思うことを解決してくれるサービス」のことであって、例えば美容整形外科とか結婚相談所とか、破産事件を扱う法律家など、仮にそこに嘘や誇大広告があったとしても、なかなかクレームをつけにくい、公になりにくいビジネスのことを指します。
今回のケースは、まさに学歴がない人の劣等感につけこんだビジネスで、「就学支援金を使えばタダ同然」、「ほとんど何もせずに簡単に高卒資格が取れる」、「年に2回のバスツアーに参加するだけ」といううたい文句で入学した人は、恥ずかしくて苦情も言えませんね。
「学力が何も向上しなかった」とクレームしても、「それはあなたが勉強しないから」とか「高卒になれただけ良かったじゃん」の一言で、反論できなくなります。

しかし、本質的な問題として、学力も無いのに、学習経験すら無いのに、高卒を名乗るっておかしくありませんか。
企業の求人票に「高卒以上」と書いてあるのは、「高校に3年間通うことができた継続させる力」や「いろんな科目を勉強して、そこそこの点数を取ることができた学力や経験値」などを評価されるからです。企業にしてみれば、まさかレポートを作成していたのは他人で、スクーリングはこじつけバスツアーだったとは思わないでしょう?
これって、原付バイクの免許しか持っていない人が、お金を払ったら誰かが代わりに教習所で受けてくれて、いつの間にか普通免許にアップグレードされたというくらい、恐ろしい話ですよね。

私は、学習について、楽をすること、合理的に行うことは大切だと思います。
だけど、一定のレベルを求められる学習について、都合よく解釈した「ほぼインチキ学習」は、生徒の将来に何のメリットもありません。違法じゃなければなんでもアリ。儲かればいいという短絡的な学校経営は許してはいけません。
posted by まつもとはじめ at 23:19| 神奈川 | Comment(3) | TrackBack(0) | 高等学校/高卒認定試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この学校は論評に値しない「助成金詐欺」でしょう。通信制の高校は色々ありますが、ここまで杜撰なのはあまりないと思います。

こういった高校は認可を取り消すべきだと思いますが、在学中の人をどうするかなど問題も残ると思います。

それとは別に、私は通信制の高校を卒業したり、大検を受けて、さらに難易度の高い学習は予備校や独学でやり、大学受験を目指す人を心情的に応援しています。

今の内申書重視の制度はきわめて中学の進路指導の教師の権限が強く、言うならば、進路指導の教師に好かれるか、嫌われるかで人生が決まってしまうような傾向があるからです。

「大検」OR 通信制高校+独学・予備校で大学進学する人が数%あれば、進路指導の教諭と学生の力関係のバランスが取れてきて、進路指導の教諭もより慎重に進路指導を行うようになると思うのです。
Posted by tera at 2016年03月11日 21:50
本来、このツリーへの書き込みにそぐわない内容ですが、、、

広島市で事実無根の非行歴を基に、専願入試での受験を拒否された中学3年の生徒が自殺しました。
今、高校受験では中学の内申書が大きく影響しますし、大学受験でも推薦入試などの枠が拡大されつつあります。
しかし、たとえば推薦入試は過去の学力と学習態度、行状などで、現在の学力を表しているものではありません。その結果、一般入試の枠が狭まり、結果的に一般入試の偏差値が上がり、高校での成績はともかく、その後努力した人に対して不公平が生じていると思うのです。
世の中では「再チャレンジできる社会」と言いながら、実際は過去の成績や行状にとらわれ、どんどん公平性が失われているような気がするのです。
その点1960年代、70年代は熾烈な受験競争はあっても、入試は公平だったように思います。また熾烈な受験競争を経て受験生が安定した基礎学力を持つに至ったのではないでしょうか。
Posted by tera at 2016年03月20日 04:50
通信制高校サポート校で不審な対応に遭いました。専門家の立場からぜひ考えてみて下さい。

ウイッツ青山学園高等学校の件を踏まえて、文科省がガイドラインを出しました。以下文科省に送った手紙を引用します。

「高等学校通信教育の質の確保・向上のためのガイドライン」「不適切な学校運営」について

長野県 上田市 手塚 1065番地
さくら国際高等学校
枚方キャンパス(大阪府)

平成29年 卒業生 保護者

私の息子は、不登校になり上記サポート校に転校、二年間在籍して、平成29年に卒業しました。学校の対応を不審に思いましたので報告いたします。

添削指導、面接指導をする教科の教員を教えない、親に無断で教材を捨てる、嘘をついて教材の返却を先延ばしする等、不可解な対応が続きました。

卒業間近に戻った教材をみると、生徒名・日付・指導者・評価などを書き込む欄が空白で、添削指導ような跡がありません。適切に指導を受けたのか疑念が残ります。又教員による面接指導を受けておりません。

個別コース(水曜日)に在籍しておりましたが、この学校は週4日制で、個別コースの登校日である水曜日は学校が休みの日であり、教科の教員の配置がありません。教科の教員についての説明もありませんでした。

以上のことから、最初から不登校生を狙った計画的なビジネスであると思います。

生徒の人格無視、親を欺く手口、親の情に付け込むビジネスに怒りを覚えます。たとえサポート校という特殊な場所であるとしても、教育機関として許されるものではありません。


Posted by 匿名 at 2017年06月30日 23:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434540798
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。