2012年08月26日

自殺しようと思っているあなたへ

この記事は、夏休み終了目前の小学校、中学校、高校に通うみなさんにメッセージですが、自殺を検討している全ての人に、ちょっと一言申し上げようと思って書きました。

以前、私がブログで書いた言葉で自殺を思い止まったという報告を受けたことがあるので、今夏はひとネタ考えて書いておきます。


夏休みの宿題を苦に自殺なんかしないでください

学校で出される、夏休みの宿題って、恐怖ですよね。
できることなら、きちんとスケジュール通りにこなして、きちんと仕上げて、できれば頭も良くなって、期日通りに提出して、先生にほめてもらいたいと思いますよね。
しかし、長い夏休みをダラダラと過ごしてしまって、今頃になって怖くなり、頑張って宿題をやっている人も多いはずです。
宿題を提出しないと、先生に怒られるかもしれないし、成績も下がるかもしれません。
もちろん勉強を頑張ること、そして締め切りに間に合うように頑張ることは大切です。しかし、ワークブック・問題集を目の前にして、参考書を買ってきても、分からないものはやっぱりわからないのです。
実は私、自慢じゃありませんが、夏休みの宿題を全部きちんとやって出したことなんて、一度もありません。
実は私は勝手に都合よく、「夏休みは休むためにあるものだ」と解釈して、ろくに宿題をやらない生活を送っていました。
小学校の時はどうだったか忘れましたが、中学・高校の時は本当にサボっていました。
確かに、先生に怒られる恐怖はありました。宿題を提出しないことで先生に殴られたこともありました。

もし、大量の宿題を目の前にして、「もう死ぬしかない」なんて思っている人がいたら、思いなおしてください。
夏休みの宿題は、あなたの学力向上や維持のために課されるものですが、あなたを死に追いやるためのものではありません。

それでも、何も書いていないワークブックを提出するのが恐い人は、最初の1ページだけやって出しましょう。「全くやっていない」のと「少しはやった」のとは怒られるにしても、違いがあります。「やろうとしたけど、わからないのでやれなかった」という言い訳ができるじゃないですか。

また、「自由研究」などという、教師が怠けるためにあるような課題を課されたら、レポート用紙2枚を用意して、以下のように書いてしまいましょう。

1枚目
「自由研究 ─ 自由研究の意義について。」

2枚目
「自由研究は、児童や生徒が自由に研究を行うことで、学術の発展の礎を作るものである。ただし、自由研究は自由な研究であることが前提であり、研究する自由もあれば、研究しない自由もある。優れた研究をする自由もあれば、稚拙な研究をする自由もある。長い文章を書く自由もあれば、レポート用紙2枚で終わらせる自由もある。」

私は中学校の理科の自由研究で、「自由研究をやってこなかった者はビンタ」などと強制された時、こんなレポートを出したことがあります。先生は絶句していましたが、このレポートを出してビンタするのなら、それはルール違反です。(そもそも殴ること自体が良くないことなんですけど)
これは教師をバカにしたレポートかもしれませんが、そもそも「こうあるべきだ」なんて研究は存在しません。どうしても何か調べて来いというのなら、やり方や書き方を示すべきなのです。


またいじめられる恐怖を苦に自殺なんかしないでください

あなたがいわゆるいじめられっ子だったとしたら、長期の休み明けは、再び訪れる恐怖の学校生活の幕開けです。
親に心配かけたくないから学校へは通うけど、学校にはあなたをいじめることでストレスを発散しようとする同級生がいます。

しかし、その恐怖を苦にして自殺なんかしないでください。

ハッキリ言いましょう。今年の夏こそ、いじめを克服するチャンスです。
日本全国でいろんないじめが発覚しました。自殺者も多く報告されています。非常に残念なことではありますが、「マスコミで大きく報道される」というのは、いじめられっ子にとって、千載一遇のチャンスなのです。
そのせいで、今までは大目に見られていたちょっとした暴行も、警察に届ければマスコミが報道します。教師もいじめの起こりそうな環境を改善しようとします。

そしてその具体的な方法が不登校です。いじめが怖くて登校したくないのなら、学校へ行かなきゃいいのです。
不登校になれば、親や先生が「なぜ登校しないのか」と聞いてくれます。
聞かれたら、わざと深刻な顔をします。目に涙もためます。そして、時間をかけて親や先生に話すのです。
こうすると、「チクったことでまたいじめられるかもしれないので本当は言いたくなかったけれど、問い詰められたので、仕方なく先生に言った」ということにしましょう。

そして、いつ、誰に、どういう暴行をされたのか、どういう意地悪をされたのか、きちんと書いておきましょう。ノートに鉛筆書きでも構いません。それは後で証拠になるのです。

いじめた人は、たいてい、いじめたことを自覚しています。だから先生にチクられることを嫌がります。人に散々嫌がらせをしておきながら、その事実がばらされそうになると、必死になってその証拠を隠そうとします。同級生に「絶対に言うんじゃねーぞ」と脅すこともあれば、「俺たちはただふざけてただけだよな」と言い張るチキン野郎も多いのです。
「かわいそうだから」とか「同級生同士の問題に教師や警察が関わるのはどうも」なんて甘い顔を見せると、彼らはまた同じことをやらかします。前に甘い顔を見せたことを既成事実や前例として、「普通はチクらねーよな」、「これくらいのことで警察はやり過ぎだよな」なんて言い訳をするようになります。

そこで「夏休み明けからいじめを受けそうだ」という人にアドバイス。

自殺を考えているくらいなら、とにかく学校は休んじゃいましょう。学校はあなたの成長をサポートするために行く場所です。学校へ行くことであなたが死ぬのなら、行かない方がマシです。
もちろん、ただ「行かない」というのはけっこう大変ですが、あなたが死ぬことに比べたら、教師も親もまじめに対応してくれるはずなのです。


それでも自殺しかないと思う人へ

自殺願望にもいろんなものがあると思いますが、もしあなた自身が「本当は死にたくないんだけど、もう自分には死ぬしかない」と思っているとします。
「死にたくないけど死ぬしかない」ということは、生きていればそれなりに楽しいはずなのだが、自らを死に追いやる原因があるから死を考えてしまうということです。

当たり前のことですが、自殺の原因、つまり「その死に追いやる原因を取ってしまう」ことで、あなたの苦しみは軽減されます。
そしてこの苦しみのほとんどは、薬で解決できます。

私は別に医師ではありませんが、過去に大切な友人を2人、自殺で亡くした経験から述べると、2人とも、自殺の直前には深刻な鬱病を患っていたと思われます。鬱病というのは、ものすごく気が沈んだ状態で、自分には夢も希望も無く、生きていてももうダメなんじゃないかと思い込んでしまう感じになることです。
私の知る限り、自殺する人の多くは、この状態が長く続いたり、極度に深酷な状態になってしまう人が多いのです。

人に相談したくても、適当な相談相手がいないとか、いまいち分かってくれてないというケースもあるでしょう。
そんな時には少しだけ勇気を持って、医師にかかってみてください。
本当は診療科目に「精神科」があるところへ行くのが良いのですが、いきなり精神科というのは嫌でしょうから、まずは「心療内科」や「神経科」などにかかってみるのが良いと思います。
風邪をひいたら風邪薬をもらいに病院を受診するのは普通だし、歯が痛ければ歯医者へ行く。これくらい気軽に考えて、ちょっと気分が滅入っているという理由で心療内科などへ行って、試しに軽い安定剤などを処方してもらうというのはどうでしょう。



どうしても自殺したい人の自殺を止めさせる方法なんて私にはわかりません。
しかし、本当は自殺したくないのに、自殺を選んでしまう人がいるのなら、この記事を読んで、試しにちょっと実践してみてほしいのです。
この記事が、実質的な人命救助になるのであれば、私は本望であります。
posted by まつもとはじめ at 04:49| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自殺の予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/288410690
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック