2012年08月16日

いじめ発覚で担任教師の評価を下げるのは間違い

ワタミ会長の渡邉美樹氏が、過激な発言をしています。

「いじめが起きたクラスの担任は事前に芽を摘み取ることができなかったのだから減給すべき」と述べました。
週刊ポストセブンは、インタビュー記事を過激に編集することがあるため、この渡邉氏の言葉を額面通り捉えることができないが、この言葉は重い。
もともと「いじめ」などというものは、発覚しにくいもので、教師が感じ取れるくらいのいじめなどは、逆に言えば軽い。教師にも得手不得手はあり、いじめの発見のうまい教師もいれば、苦手な教師もいる。巧妙ないじめは「いじめられているふりをして相手をいじめる」なんてものもある。
学校裏サイトなどに悪口を書くなど、匿名掲示板に誹謗・中傷を行うなんて陰湿ないじめは、いじめそのものが発覚しても犯人特定が困難だから、いつまで経っても解決ができない。

だいたい公務員の昇進システム自体、個性ある教員を認めにくい(=上の言うことを聞けない人は左遷)上、ミスを認めること自体が悪という社会で、ことなかれ主義が基本です。ミスがあっても隠蔽できる限りは「いじめは確認できなかった」、「いじめと自殺に因果関係は無い」と言い続けなければならない、特別権力関係といってもいいくらいの縦社会だと思うのです。

人は生きて生活している以上、何らかのストレスを感じ、そのストレスを発散するためにいろんな行動を模索します。大人であればカラオケ、スポーツ、飲食、異性との付き合いなど、いろんな発散方法がありますが、子どもはお金がありません。日々の遊びや交遊関係などでストレスを発散することができる子どももいるでしょう。しかし、金も無く、親の無理解、友人もいないなんて子どもは、結局、自分よりも弱い立場の人間を見つけ、発覚しにくい環境の中で暴力を振るったり嫌がらせをしたりして、ストレスを発散するようになります。
大人の社会で起こっていることは、形を変えて子どもの社会にも反映されるのは誰もが知っているところでしょう。

すると、いじめを防ぐための手だては何が必要なのか。
それは渡邉氏も述べている「ディスクロージャー」です。ただし、そのディスクロージャーは、経営内容・経営実体などではなく、いじめの存否の公表です。これは別に外部に公表するってことじゃなくて、少なくとも教室内で、誰がどんな理由で誰をどういじめていて、その行為の何が問題で、それは今後どうすべきなのか。この行為に対して、教師がどう対応するのかを教室内で共有すべきことだと思うのです。

この本は、まさに教師にいじめを把握させて、子どもを守るために作られた傑作だと思っています。
   ↓
いじめ撃退マニュアル―だれも書かなかった「学校交渉法」 [単行本] / 小寺 やす子 (著); 野口 よしみ (イラスト); 情報センター出版局 (刊)

いじめが起こったら教師に罰を与えるなんていうのは、愚の骨頂だと思います。
「いじめを放置した」、「発覚・情報共有を遅らせた」という教師こそ問題なのですから、いじめの芽を摘み取れなかったら罰を受ける制度など、隠蔽が横行するだけのような気がします。

ワタミ会長 いじめ発覚なら担任教師の給料下げるべきと提案
 大津いじめ自殺事件で見えた教育システムの荒廃は、学校だけでなく、この国全体を蝕むものだ。今こそ硬直化した戦後60年の教育システムを変えなくてはならない、と指摘するのは神奈川県の教育委員を9年務め、郁文館夢学園の理事長でもあるワタミ会長の渡邉美樹氏である。
 * * *
 この問題を解決するには、教師には成果主義、学校には競争原理を持ち込むしかない。
 極端に言えば、例えばいじめが起きたクラスの担任教師は給与を下げる。いじめにいたるまでには芽の段階があるのだから、事前に芽を摘み取っておくべきで、それができなかったのは教師の能力が足りなかったか、やる気が足りなかったかだ。
 だから教師の評価をきっちり行なう。私が理事長を務める郁文館夢学園では教師の「360度評価」というものを実践している。生徒や親からの詳細なアンケートの結果、さらには校務分掌・教科・学年毎に上司、部下からの申告という具合に、総合的に評価する。評価がよければ、当然給与は増える。
 子供に教師を評価させるというと、「教師が子供に迎合するようになる」と必ず言われるが、そんなことはない。
 郁文館中学・高校では校長、教頭が毎日、教室を巡回して教師の授業をチェックするが、教師の上司である彼らの評価は、生徒たちのアンケート結果とほぼ一致する。子供は意外とよく見ているものなのだ。
 教師を評価し、給与に反映させるなら、相応のトレーニングが必要だ。
 今の仕組みでは大学を出たばかりの22歳の若者がいきなり「先生」と呼ばれる立場になり、教室の中では“王様”として振る舞うことができる。批判する人がいないから、成長しなくなる。それを改善するには、インターン期間を設けたり、研修を行なったりすることで、教師としての資質を見極めながら、同時にスキルアップもできる仕組みが必要だ。
 学校も同じである。教育方針、私立であれば経営実態のディスクロージャー(公表)を進め、公立と私立の間で自由競争を起こすためのバウチャー制度を導入するなどし、生徒や親が学校を本当に自由に選べるようになれば、良い学校は生徒が集まり、そうでないところは淘汰される。それが学校に対する評価である。
 なぜ学校を競わせたほうがいいかというと、裏には親の愛があるからだ。親は本当に子供のためを思うなら、「この子の能力を引き出してくれる学校はどこか」を考え、必死で探すはずだ。特に中学校を選ぶのは親なので、学校は親に選ばれるように競えばいい。
 親が良い学校かどうかを判断するために、学校は教師の評価を公表する。もちろん親の側にも偏差値重視の価値観を正してもらう必要はあるが、親も子供が本当にかわいいなら、優しくてゆるいだけの学校より、厳しく育ててくれる学校に入れるはずだ。
※SAPIO2012年8月22・29日号
posted by まつもとはじめ at 23:23| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/286956300
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。