2013年05月09日

「通信制は入試が無いから程度が低い」という指摘は正しいのか

通信制大学を選択すること、入学すること、卒業することについて、「そんな学歴は無意味だ」と言い放つ人がいます。
もしそんなことを平気で言う人がいたら、その人にこう言ってあげてください。

「オマエはバカか?」

あ、失礼しました。いきなりバカと言ってしまうと、その人の尊厳を傷つけてしまうことになるので、こう言いなおしてください。

「実情も知らずに学歴の価値を軽々しく決めないでください」

通信制大学は、いろいろな特徴を持つところがたくさんあって、一口にああだこうだと述べることはできませんが、通学課程の大学と比較・検討すると、大まかにこんな特徴があります。

1.入学するための選抜はほとんど行われず、学力試験は課さない
2.在学中、基本的に登校する必要がないので、教員の指導を直接受ける機会が乏しい


通信制といえども、いろんな学部・学科があるので、全てがこうだとは言えませんが、大半はこのように差異を明確にさせることができると思います。

したがって、通信制大学には入試が無いから、大学のレベルを偏差値で測ることはできません。偏差値を測れないということは、この学校に通う人は、頭の程度が低いということになります。
また、ふだんから大学に通う必要が無く、授業を受ける機会も少ないのだから、日々の勉強量が少ないというとこになります。
入試を受けず、教育も受ける機会が少ないのだから、卒業できたとしても無価値だという評価や判断は、それなりに合理的にとらえることもできるので、なるほど納得できます。
しかし、私自身、通信制の大学を卒業した経験を踏まえてみると、そうでもないような気がします。
通信制って、本当に無意味な学歴なんでしょうかね。


それでは「通信制は無意味だ」と言い張る皆さんに質問します。

例えば「偏差値60」といわれている大学には、本当に偏差値60の学生がいるのでしょうか。
そもそも、偏差値60という数値は、いったい何を担保するのでしょうか。

ものすごく簡略化して、分かりやすい例で考えてみます。
みなさんご存じの「早稲田大学」が偏差値60だとします。学部・学科による違いや誤差は全く無いものとして、とにかく早稲田大学は入試問題を解いて、偏差値60以上になる点数を取った人でないと合格しないと仮定します。

すると、早稲田大学の一般入試をくぐり抜けてきた人は、入学試験の段階で、全員が偏差値60をクリアするべく、高得点を記録してきたということになります。入学後、その学生が怠惰な生活をしていたとしても、入学当時に一定レベルの偏差値をクリアできたのだから、「やればできる子」、「一瞬だけでも日本全国の人たちが参加する受験生社会で上位になれた子」という経験則が成り立ちます。

つまり、この経験則は、「早稲田大学一般入試合格」という資格・ライセンスともいえます。
英検1級ホルダーであれば、「少なくとも合格時にはものすごい英語力があった」、「ネイティブ並みに英会話ができる」という経験則が成り立つように、早稲田大学合格とは、合格時の学力を担保することになります。
「ある時期、一定の試験で一定の点数を取れた」というものと仮定すると、同様のものに、運転免許、司法試験、医師国家試験などがあります。
だから、経験則としては、運転免許を持っている人は、ペーパードライバーの期間が長かったとしても、思い出せば運転できるぞと思われる訳です。確かに単なる素人とは違います。

さて、その早稲田大学の入試が、出題範囲が定められ、レベルが一定で、かつ一定の点数以上を得点した人だけが合格するとしたら、その合格歴というものについては価値があります。
そう、「一流大学合格歴」というのは、この要件をクリアした者に与えられる学力を量るライセンスなのです。

しかし、今どき、一般入試だけ選抜を行う大学は珍しいですよね。

例えば、附属高校からの入学、指定高校からの推薦、一般推薦、AO入試、社会人推薦、帰国子女向けの入試等々、偏差値では判断しにくい、実に多様な入試方法が行われています。

早稲田大学では、入学者を調べてみると、一般入試とそれ以外の入試で入学してきた人たちが、概ね4:6になるそうです。つまり、早稲田大学の学生が100人いたら、60人が一般入試を受けていないということです。

早稲田大学は、あの難しい一般入試を通ったからこそ価値があるはずなのに、実は6割の学生がそうではなかったのです。
これがランクの低いとされる私立大学だともっと顕著です。2:8という大学も多いはずです。

そして、一般入試を経てきた人と、それ以外の人を比較すると、学力に明らかな差が出てきます。就職活動の際、企業もその実情をわかっているため、かつては大学名だけで学力を推定して採用していた企業が、学力試験を課すようになったとも聞きます。

つまり、「有名大学に入学・卒業した」という経歴は、確かにその人の優秀さを量る材料にはなるのだけれど、一言でいうなら、「アテにしちゃダメ」なのです。

「早稲田の附属高校を出たのなら、高校入試の時にがんばったのだから優秀なはず」

こう言いたい人もいると思います。
確かに、高校入試で他人より秀でた成績を残したから、早稲田高校に入れたのは事実でしょう。だけどそれはあくまで高校入試の問題であって、大学入試できちんと戦える実力があるなら、早稲田の附属高校に入る必要はありません。それどころか、「附属校出身であれば、大学入試では一般入試よりも楽に入れる」と思うから附属高校に入りたがるわけです。
これと同じ現象は、多くの大学で起こっています。
私が在籍した立正大学でも神奈川大学でも、附属高校から入学した人は、明らかに学力不足と感じました。法政や慶應の附属高校から大学へ進学した友人たちも、「一般入試組との差は歴然としていた」と述べていました。
早稲田大学への推薦入学が確定していたはずの高校生が書類上のミスで無効となってしまい、改めて一般入試を受けても歯が立たなかったというエピソードも聞いたことがあります。

つまり、同じ大学の看板を背負っていたとしても、担保される学力はまちまちで、入試の方法によって個人差が激しいのです。

この記事の、これまでの話を聞いても、それでも有名大学に入学した個人を指して、偏差値が高いと評価すべきなのでしょうか。

「いやいや、有名大学は教授が素晴らしいのだ」

え?本当ですか?
私がかつて在籍していた立正大学文学部二部地理学科には、早稲田大学の教授が非常勤で来ていましたよ。
すると、立正大学文学部二部は、早稲田と同じレベルと評価していいのでしょうか。
私の知り合いで、神奈川大学教授から明治大学教授になった人がいましたけど、つまり明治大学は神奈川大学と同じレベルってことですかね?

ここまで読んだ方であれば、私の「一般入試」と「それ以外の入試」の学力差についての私の疑問を、大筋で理解してくださったと思います。

すると、入試を経ずに、学びたいと思って通信制の課程に入学した人の学力は、いったいどういう評価を受けるべきでしょうか。

一般入試を経ていないという点では、通信制の入学者は、通学課程の推薦入試と同等といえます。
だけど、推薦入試の資格を得るためには、高校にまじめに通って、それなりの成績を残さなきゃいけない訳だから、ほぼ無試験の通信制への入学者と比較すると、学力の差は歴然としているともいえます。

こうして話してみると、学力というものについて、有名大学の看板を背負うことと、実際の学力の差異が、だんだんわからないものになってきますよね。

ここで、「そもそも」の話をしてみます。

そもそも、大学に入学するために「入試」というものが存在する理由は何なのでしょうか。

それはズバリ、「大学の授業を理解するための基礎学力があるか否かを量るため」です。

英文学科に入学したのに、中1レベルの英語力が無かったら授業が進みません。
法学部に入学したのに、中学で教わるはずの三権分立とか日本国憲法とかを知らなかったらそこから教え直さなきゃいけません。
高度な微分積分を学ばせるのに、四則計算(加減乗除)もできない人を入学させたら、教育現場は疲弊します。
薬学部なら化学式の基本的な理解、物理学科ならニュートン力学……etc。

つまり、「いくらなんでも、うちの学部に入るのなら、これを知らなきゃダメ」という知識の有無を問うのが入試なのです。
だから、一般入試で知識量を問うのも理解できるし、推薦入試で学問に対するマジメさを面接で確認するというのもわかります。AO入試なら思考の柔軟さを見て、知識不足を拡充できるか否かを判断するのです。
でも、最近はその基礎学力すら怪しい学生が入学してきているなんて話もありますよね。

それでは、通信制大学のように、いわゆる学力選抜による入試を必要としない学生は、どう評価すべきなのでしょうか。

「1単位でも修得した時点で入試に合格した者と同じととらえるべき」

これは、例えば「慶應大学経済学部の通信課程で1単位取った人が、慶応大学経済学部の通学課程と同じだから偉いので讃えよ」という意味ではありません。
そもそも大学に合格しただけ、入学しただけの人について、偉いとか頭イイとかの評価をすべきではないのです。慶應の通学課程に合格した人も、通信課程に合格した人も、大学から「学ぶための基礎学力はある」と評価されただけに過ぎないという意味です。
だから、入試に合格しただけではなく、やはりその大学の授業を受けて、単位を修得してこそ、その大学に在学したこと、その大学へ行けるだけの頭脳を持っていたことを証明できるのだと思います。
そして、通信制について言うならば、入学したばかりの0単位の人が、最初の1単位を修得するということが、実はものすごく大変なのです。だって、入試を受けずに入学したのはいいけれど、ほぼ独学で大学の学習についていかなければならないのです。0単位の状態から1単位修得済にするというのは、100単位を120単位にするより、遥かに難しいのです。
だから、その最初の1単位を修得した時点で、「その大学で学ぶための基礎学力はあった」と評価されるべきだと思います。

さて、同じ大学を卒業しても、人のために頑張っている人もいれば、自分の利益のために他人を蹴落とす人もいます。大学に行けなくても、または大学を中退しても人のためになる人はいます。大学を卒業しても、犯罪か犯罪ギリギリのことに手を染めて、何の痛みも感じない人もいます。
本当の評価って、偏差値がものすごく高いかどうかってことじゃなくて、「どれだけ社会のためになったか」ですよね。もちろん、「善行」そのものが良いのか悪いのかは歴史が判断することでもあるのですが、少なくとも「偏差値の高い人殺し」とか「東大出身の性犯罪者」なんて人は、いくら頭が良くても評価しちゃダメな訳です。
こうして理屈を積み重ねて考えていくと、私は何が偉くて何が低いのかについて、「学歴」とか「偏差値」、「通学」か「通信」かなど、実にくだらない物差しで量ることが、いかに愚かなことかと思い知らされるのです。
そもそも、大学に入るときの偏差値や入試の有無だけで人の価値を決めようとするって、こんなあまりにも程度が低いのので、私は個人的に付き合いたくありません。
しかしながら、大手予備校が毎年偏差値をはじき出し、大学のランキングなどを作っているうちは、この全く無意味な尺度にしばられて一喜一憂する人たちが絶えないので、改めて申し上げます。

「入試を必要としない大学教育を蔑むような人はバカ」
「実情も知らないで学歴の価値を軽々しく決めるような人は愚か」


大学は、最先端とされる教養を学び、それを社会に役立てるために存在します。
そして、その社会に役立てることができる人を養成するために大学教員が存在します。
よって、学歴によるカースト制度を作るために国が税金を投入しているのではありません。

もし一流とされる大学を出て、私が述べるこの理屈がわからない人は、その一流大学はとんだ看板倒れ大学であると断言できます。このような社会の要請を無視して、ただ試験で点数が取れるだけの人を優秀な学生として、平気で卒業させてしまうのです。
私は一流とされる大学を出て、または貴重な国費を投じて養成された人物が、偏差値やランキングにこだわっているとすれば、そしてその稚拙な意識が大学経営に影響を与えているとすれば、その大学こそ、名実ともに「バカ田大学」であるといえるのだと思います。

この記事を読んで不愉快になった方には、心から謝罪しておきます。
不愉快になったということは、私の言う通り、バカ田大学出身の方だと思いますので、心より哀悼の意を表したいと思います。
posted by まつもとはじめ at 00:51| 神奈川 ☁| Comment(11) | TrackBack(0) | 高等教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする