2017年10月11日

群馬大学の江本正志教授が懲戒解雇

群馬大学は、所属する江本正志教授の懲戒解雇処分を発表した。
一般に、学内の処分が広くマスコミに掲載されることは少なく、逮捕されたわけでもないのに実名が報道されるというのは異例中の異例。刑事事件でもないのにここまで大きく報道されるということは、きわめて悪質で、確実な証拠があってのことだと思われる。

江本教授は、5年前に一度、ネットを中心に大きく取り上げられたことがある。それは、彼が匿名のツイッターアカウントを使って、群馬大学の同僚教員の出身校である放送大学を批判したことから始まった。

まとめサイト
矢吹樹が放送大学を批判し、放送大学学長に見つかる→群馬大学の江本正志教授と判明

江本教授は、放送大学は通信制で入試はないから大学の存在意義や学歴の信頼性が乏しい旨を述べたところ、その誤解を解こうとツイッターで反論した岡部学長(当時)に対し、学長とは知らずに誹謗中傷と受け止められるような投稿を行い、それが学長と知るや否や自らのアカウントを削除して何事もなかったかのようにした事件である。もちろんこれを「事件」と呼ぶには些細な出来事なのだが、実は彼がツイッターで使用していた名前「矢吹樹」は彼のペンネームで、その名で自費出版をしていた。
その本は『大学動物園』(文芸社)といい、なんと本の内容は群馬大学の同僚教員や学生を中傷しただけの、稚拙なもので、私は定価で買って読んだが、本当にひどい本だった。
つまり、国立大学の教授でありながら、匿名の世界で職場の同僚や学生の批判をし、自費出版した本の中でこき下ろしただけではなく、同僚の出身大学を露骨に批判し、それをとがめた人物が学長とわかるとアカウントを消して逃亡という、見事に卑怯な方法をとったのである。
私は放送大学の卒業生であり、放送大学は名実ともに優れた教員とカリキュラムのある通信制大学だと知っている。放送大学の学生としては、本を読まずに彼の批判をしたくないため、彼の『大学動物園』を読んで反論しようとした。しかし、私は本の稚拙さに辟易してしまった。文章の企画もさることながら、論理が破綻している文章が多く見られたからだ。「著者は博士の学位を持っているが、このような論理性に欠いた文章ばかり書く人物が、はたして業績として評価される論文を書いているのだろうか」と、研究者としてのスキルを疑問視していたのだが、私が抱いた懸念は、今回の報道で明らかになった。
やはり、研究者と呼べるだけの、相応の力を持っている人物ではなかったのだ。

2012年に論文不正問題とツイッターでの露骨な誹謗中傷記事投稿が露呈したのに、彼を処分したのは2017年。実に5年の歳月を要したことになる。この間、不正な論文を作成した教授への報酬、そして本件を調査するために要したコストや、スキルの乏しい教員の指導を受けた学生の機会損失等、多大な損害を与えたことになるのだ。

最後に申し述べるが、大学教員はアカデミックな環境で活発な議論を行うことができるというのが社会の求める姿である。匿名でインターネットに他人の誹謗中傷記事を書き散らかすとか、匿名の著書で同僚の教員や学生をこき下ろすとか、このような事実が判明した時点で既に教員としての資質が問われるべきで、5年前の時点で処分を行うべきであった。
posted by まつもとはじめ at 23:49| 神奈川 🌁| Comment(0) | 教育機関の不正・犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

「大学改革支援・学位授与機構」の英文証明書を請求してみた

gakui.jpg

こちらの画像は、私が1998年に授与された、学位授与証明書の英文のものです。
当時は文部省の一機関であった「学位授与機構」でした。その後、文部省は「文部科学省」となり、学位授与機構は「大学評価・学位授与機構」に改称されたのち、国の機関から切り離されて「独立行政法人大学評価・学位授与機構」が設立・業務を継承し、再び改称されて「独立行政法人大学改革支援・学位授与機構」となりました。

「学位授与機構」だった当時は「National Institution for Academic Degrees」だった機構も、今は英文では「National Institution for Academic Degrees and Quality Enhancement of Higher Education」となりました。直訳すると、「学位授与と高等教育の品質強化を行う国の研究機関」といったところでしょうか。

国の機関であるということと、大学そのものではないし、教育の質を向上させるための機関という側面から、こういう名称になってしまうのは致し方ないのだと思いますが、シンプルさに欠けますね。

「Bachelor」と書いてあるから、学士の学位を有していることは諸外国の大学では理解できると思いますが、中途半端に日本の文化を知っている人なら、「日本は大学(DAIGAKU)でなければ学位は出せないはずだ」と思い込み、「大学を出ていないのに学士を得ているこの人物は怪しい」なんて判断をするかもしれません。

可能なら、国際的に通用しやすい名称、例えば「文部科学大学」とか、英文なら「MEXT College」に改称すべきではないでしょうか。

学位授与機構が参考にした米国のエクセルシオール大学は、堂々と「college」と表記していますからね。

大学改革支援・学位授与機構の学士は、「学修成果」と呼ばれる卒論レベルのレポートを要求されます(芸術学は作品や演奏でも可)。
今どきの四年制大学は卒論を課さないところも多くなっているので、機構の学士の方が質的保証を高いといえます。
そんな事情を鑑みれば、「大学」と改称してしまっても良いのではないでしょうか。
posted by まつもとはじめ at 20:32| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月09日

看護研究と卒論・学修成果の違いとは何か



宮子あずさ講師に伺ってきました。
posted by まつもとはじめ at 16:52| 神奈川 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 看護師/准看護師/ナース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月03日

尾木ママ「男児置き去り事件で失言!」について

私は尾木先生と一度、「アベマTV」という番組でご一緒したことがあります。私ごときが本件について述べるのもどうかと思うのですが、教育ジャーナリストと名乗っている以上、意見を述べさせていただきます。

今回、北海道で起きた、男児置き去り事件について、尾木先生がブログで「置き去りそのものが真実なのか」と述べたことについて、ネットで批判を受け、サイゾーが記事にしています。

どうもおかしい!?自衛隊の一メートル間隔のローラー作戦でも見つからない!?
なんて
はっきりいってあり得ない
これは
置き去りそのものが
真実なのか
失礼ながら
疑いたくなってしまいます…
それほど
あり得ないことだと思います
日本の警察も自衛隊の災害救助隊も
極めてレベル高いです
あれば探せないはずないのではないでしょうか!?
それとも
科学では解明出来ない
「神隠し」
でしょうか!?
尾木ママ
本気で動揺しそうです…
皆さんは
どうお考えですか?


尾木ママ、北海道・男児置き去り事件で失言! 父親疑うブログが「無責任すぎる」と炎上(サイゾーウーマン)
 北海道七飯町の男児置き去り行方不明事件をめぐって、尾木ママこと尾木直樹氏のブログが物議を醸している。児童は3日朝に無事発見されたが、同日未明に更新されたブログで、尾木氏は「置き去りそのものが真実なのか」などとつづっており、発見の第一報とともにネット上では批判の声が噴出してしまった。
 男児は先月28日、父親からのしつけとして、七飯町の林道で車から降ろされた。ところが約5分後に父親が戻ると姿が見えなくなっており、そのまま行方不明に。児童は林道から約5キロ離れた陸上自衛隊駒ケ岳演習場内で保護され、軽い擦過傷や脱水症状があるものの、命に別状はなかったという。
 この期間に行われていた捜索ついて、尾木氏は「どうもおかしい!?自衛隊の一メートル間隔のローラー作戦でも見つからない!?」とのタイトルで昨夜ブログを更新。「はっきりいってあり得ない これは置き去りそのものが真実なのか失礼ながら疑いたくなってしまいます…」「日本の警察も自衛隊の災害救助隊も極めてレベル高いです あれば探せないはずないのではないでしょうか!?」と、暗に、父親の説明に嘘があるのではないか、父親が事件に関わっているのではないかと読める提言をしていた。
 この書き込みについて、ネット上では「不謹慎ながら同意見です」など、少なからず尾木氏に賛同する声もあったが、その後は「憶測で発言するのは問題では」「影響力のある人間が発言すべきことではない」「無責任すぎる」と批判が噴出。なかには「何でもかんでも首つっこみすぎ」「人前でしゃべらせるな」と、尾木氏自身に対するバッシングとも取れる書き込みまで散見される。
「確かに、男児の行方不明期間は7日目となっており、それでも発見されないことに、ネット上でも疑問の声が上がっていました。しかし、それにしても今回の書き込みは配慮に欠けていた。もともと歯に衣着せぬ発言がウリの尾木ママでしたが、今回ばかりは賛同よりも批判の声が圧倒的です」(芸能ライター)
 尾木氏の発言はたびたび炎上を招くことがあり、以前には芸能界に飛び火したことも。
「特に話題になっていたのが、NEWS・手越祐也とのツーショット写真が流出したAKB48・柏木由紀を痛烈に批判したことです。柏木本人、そして大手メディアも圧力を恐れてこの件について一切触れないことに、尾木ママは『自分で起こしたトラブル ファンへの裏切り行為に対しては 自分のアイドル生命かけてでも説明するのが当然でしょう!』と釈明を要望し、一部から称賛を得ていました。一方、狩野英孝の三股騒動でクローズアップされた加藤紗里については、『素直、お嬢様、不器用、素人さん、計算高くない、そんないい感じの人』と擁護を展開したことについては、ネット上で『なんで擁護するの?』『弱みを握られたの?』などと波紋が広がりました」(同)
 タブーを物ともしない尾木氏だが、今回の発言ばかりは失敗だったと言わざるを得ないようだ


私はこの件で、特にマスコミからはコメントを求められてはおらず、ブログ記事にもしていませんでした。
ですので、男児が無事に保護された後、全て種明かしされた上で、尾木先生の発言を批判する立場ではありません。

確かに尾木先生のコメントは、ギリギリの線を突いて、「親が故意に虐待死させようとしたのではないか」と思わせるような記事に見えます。
ただ、私が不思議でならないのが、尾木先生の文章が、何でこんなに稚拙なのかということです。
アメブロで自分のブログを運営している芸能人は、短文に改行を重ねて、無駄にスクロールさせる文章を書くものですが、尾木先生がこんな文章を書くのかと思うと、それはそれでビックリです。
ひょっとしたら、アメブロ用のライターが、尾木先生に成り代わって書いているのではないか。電話で簡単にやり取りしたことを、いいかげんに書いているのではないかと思うほどです。

サイゾーの記事が、尾木先生の「言い過ぎ」を指摘・批判するのはよくわかります。
100の虐待事件があって、そのうち99が本当に虐待であったとしても、1つの冤罪が含まれているかもしれないことは、報道の側にいればわきまえなければならないことです。だから、警察発表があるまでは、「親が殺してどこかに埋めたんじゃないか」と思っていても、口に出してはいけないのです。

私がテレ朝のコメンテーターに呼ばれた時、資料や当日の新聞を渡され、「この件に関しては十分な取材が行われているので、言及してもらっても構いません」、「この件は取材が十分ではないので、『このように思われても仕方がない』という、あいまいな言い回しにして欲しい」と指示されました。
だからきっと、尾木先生も「親は子どもを虐待したと思われても仕方がない」と述べたつもりでいたかと思うのですが、ある意味、「尾木直樹」いうブランド力が「証拠もないのに言い切ってしまった」ことになってしまったのかもしれません。
だとすれば、アメブロにありがちな、稚拙な文章の書き方ではなく、こんな風に書くべきではなかったのかと思うのです。

まつママ的コメント案
「警察も自衛隊もこれだけ捜索して、子どもが見つからないというのは、本当に不思議としか言いようがありません。私は事情を知っている訳でもないし、ここまでのニュースで断言することはできないのだけれど、こういう事態になると、両親がもっと何かを隠しているのかとか、もっと大きな事件なのではないかと勘繰りたくもなります。そんなことを考えたくなくても、そう思っちゃうじゃないの。でも、とにかく無事に帰ってくることを祈りたいと思います。ただ、一言だけ、親御さんには『絶対に子どもから目を話したらダメ』と言いたい。大切な子どもさんなんだから、どんなことをしても目を離しちゃダメなのよ。」

いつもの尾木ママの口調で、ここまで書いてあれば、言いたいことは伝わるはずと思います。

あと、アメブロのあの改行の多い記事の書き方は、何か軽い印象に見られるので、多用はひかえた方が良いと思います。
posted by まつもとはじめ at 21:47| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月28日

2年間逃げられなかった女子生徒を批判する無責任な大人たち

埼玉県の中学生が、千葉大学の学生に誘拐され、2年ぶりに保護された事件。

私は報道ベースでしか事情を知らないが、ネットでは早くも少女を誹謗中傷する発言がされている。

例えば私が見つけたのはツイッターのこの発言。
2年間逃げられなかったってどういうことなの...恐らく誘拐どかじゃなくて同意だろどう考えても

これだけ大きな事件の被害者に対し、本人や家族が読んだら傷つきそうなことを、匿名の大人がよく書き込むものだと、辟易する。

圧倒的に知識や経験の乏しい当時13歳の女性が、体力的にもかなわない当時21歳の男性の誘拐行動に抗えるわけがないじゃないか。仮に「ちょっとくらいついて行ったら楽しいかも?」という発想でついて行ったとしても、それはせいぜい1時間や2時間の話であって、そこからまる2年間も監禁され、家族から引き離されることに同意する訳がなかろう。

また、大人になれば、いくらでも逃亡の機会をうかがったり、外出のすきを狙って交番に逃げ込むといった行動が取れることくらいは予想できても、圧倒的な力関係で服従させられる関係を強いられている場合、逃げて捕まったら殺されるかもしれないという恐怖を抱くことは十分に想像できる。

「逃げればいい」ことがわかっているのに、「逃げたら恐ろしいことが起こる」と恐れるがあまり、そこから抜け出せない人は多い。
例えば小中高校でいえば、壮絶ないじめの被害者。昨年、川崎で起きた中1生徒の殺害は、殺されるかもしれないとわかっていながら、被害者男子は無抵抗だった。抵抗したり、逃亡すれば、警察に逃げ込めば助かるのにそれをしない。なぜしないかといえば、加害者に逆恨みされたら、一生、追われる恐怖がつきまとうからだ。

私もかつて中学生の時、ものすごいいじめに苦しんだことがある。私がいた川崎市の中学校では、とにかく殴られるのだ。同級生、部活の先輩、そして時として教師も暴行する。
そんな状況に陥ったら、今であれば「学校へ行かなければいい」、「警察に告訴すればいい」、「相手を徹底的にぶん殴ればいい」など、いくつかの解決法を模索できる。しかし、暴力や違法行為の対処法なんて、中学生がわかるはずないではないか。逆らったら、より大きな力で壮絶ないじめが繰り返されるのは明らかではないか。

そんないじめを経験したからこそ、私は今回の女子中学生が2年間逃げられなかったという気持ちはよくわかる。DVで苦しむ女性のように、とにかく穏やかに1日を終えるためには、相手の機嫌をうかがい、無抵抗でいるしかないのだ。それでも、2年間じっと機会を待って、脱出できたのは大変な勇気の要る行動であった。

「女子中学生は男についていくことについて、同意した」…ですか。
奴隷的で理不尽な状況に置かれたことのない人は、軽々しく「同意」とか、女子中学生に落ち度があったなどと思うだろう。しかし、それは無知・無理解による大きな間違いである。
軽々しい一言が本人の目に留まったとき、どれだけ被害者の人権を踏みにじるか、特に匿名で安全なところから罵っている人には、大いに反省してもらいたいと思う。

15歳少女誘拐容疑で23歳男の身柄確保 千葉で長期間監禁か 2016/3/28 6:34 (2016/3/28 13:46更新)
 約2年前に行方不明となった埼玉県朝霞市の女子生徒(15)が東京都中野区で保護された事件で、埼玉県警は28日、未成年者誘拐容疑で逮捕状を取り、指名手配していた職業不詳、寺内樺風(かぶ)容疑者(23)=中野区東中野=の身柄を静岡県伊東市内で確保した。首にけがをしており、静岡県内の病院に搬送された。数日で退院の見通し。埼玉県警は回復を待って逮捕する方針。

 埼玉県警などによると、伊東市内で28日午前3時15分ごろ、「血だらけの男が歩いている」と通報があり、静岡県警の警察官が路上で寺内容疑者を発見した。同容疑者は首のけがについて「カッターで切った。自殺しようとした」という趣旨の説明をした。
 捜査関係者によると、寺内容疑者は2014年3月、下校途中の女子生徒に「お父さんとお母さんが離婚する。弁護士のところに自分が連れて行く」とうそを言って誘い出したとみられる。
 女子生徒は「(行方不明になった後は)ずっと千葉にいた。監禁した男に連れられて外出することがあった」と話しており、埼玉県警は寺内容疑者の監視が厳しく外出の際も逃げることができなかったとみている。
 寺内容疑者は今年2月に中野区のマンションに転居したといい、千葉市のマンションで長期間、女子生徒を監禁していた疑いがある。県警は女子生徒から事情を聴き、不明になった経緯や2年間の状況について詳しく調べる。
 寺内容疑者は3月に千葉大の工学部を卒業し、就職先も決まっていた。同大学が28日、明らかにした。
 捜査関係者によると、女子生徒は27日に保護される直近はJR東中野駅近くにある寺内容疑者のマンションに一緒にいたとみられる。「普段は外から施錠され逃げることができなかった」と説明。「常に監視されていた」という趣旨の話をした。まれに寺内容疑者と外出することがあったが、県警は監視が徹底していたため、逃げ出す機会がなかったとみている。
 県警は28日未明、寺内容疑者のマンションの部屋を家宅捜索した。
 寺内容疑者は27日昼前に「秋葉原に携帯電話を買いに行く」と言って外出。この日は鍵が掛かっていなかったため、女子生徒は部屋から逃げ出し、JR東中野駅の公衆電話から110番した。〔共同〕
 捜査関係者によると、女子生徒は「男は秋葉原に行く、6時ごろに帰る、と言って出掛けた。いつもは外から部屋を施錠されていたが、今日は掛かっていなかった」と話しているという。
posted by まつもとはじめ at 21:41| 神奈川 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする